出張報告その(3)


2010年11月20日(土)

ル・ボワロンの畑と醸造所は、ボルドーとトゥールーズの中間点に近い、
アスタフォール(ASTAFFORT)という町の近くにあります。
ワイン産地のカテゴリーは南西地区。

ボワロンの強みというか、やや特殊な所は、葡萄畑や醸造所・カーヴが
オーナー所有の広大な敷地の中に全てあるという事。

LE BOIRON

現在発売しているBOIRONは、超マイナーなアペラシオン「VDP l’Agenais」。

2008年からは「I.G.P de l’Agenais」となり、将来的には「Cotes de Brulhois」
いうアペラシオンでリリースされる予定だそうです。
「Cotes de Brulhois」もかなりマイナーなアペラシオンですので、このワイン
のセールス・ポイントでもある「マイナー」という表現は継続して使っても
大丈夫でしょう。(苦笑)

LE BOIRON

ここは2年ぶりの訪問。現在、蔵では2007年ヴィンテージを販売していました。
通常なら2008年や2009年を販売していてもおかしくないのですが、急激に販路を
広げることをせず、顧客を限定し、ワインの状態と相談しながら、ゆっくりとしたペー
スで販売していました。とってもありがたいです。

しかしながら、フランス国内での知名度や人気も徐々に高まっているそうなので、
今後は、今まで通り・・・とはいかないかも。
BOIRON

試飲が終わる頃、おつまみが運ばれてきました。
今日はここでランチです。
BOIRON

生ハム、フォアグラと、リエット、メチャメチャ美味しかったです。
さすが「一流芸能人の食卓」という感じで、素晴らし食材たちでした。(笑)

BOIRON


Comments are currently closed.