出張報告その(5)


21日(日)の夜からは、宿をニュイ・サン・ジョルジュ村の
ホテルに移しました。

2010年11月22日(月)

この日からはブルゴーニュ三昧の試飲の旅。

ブルゴーニュ最初の訪問先は、Pierre Bouree。

午前9時30分ごろからカーブに入り、まずは2009年物を樽から試飲です。

Pierre Bouree

白ワインを12種類、赤ワインを18種類を約1時間かけて・・・

地下のカーブで出て、一旦、Pierre Boureeを離れて、ヴォーヌ・
ロマネのDomaine Guyonへ移動。

Guyonでは、2009年を中心に2008・2010年を含めて30種類を
試飲してきました。

Domaine Guyon

Guyonの2009年の赤ワインに関して、現在ワインは樽からタンクに
移してボトリングのタイミングを待っている状況です。現時点では樽
のニュアンスが強い物も多く、フルーティーな感じが隠れていました。
しかしながら、酸・果実味、共に充実していましたので、2009年らし
いパワーのあるワインでした。

個々で言いますと、ショレデボーヌは、他のアペラシオンの物の比較
した場合は、やや薄い色調で、パワフルというよりは、エレガントな
ピノノワールです。
サヴィニー・レ・ボーヌは、他の物よりもやや酸味がおとなしく、タンニン
も少なめなので、ボトリング後直ぐに美味しく飲める可能性が高いで
しょうか。アロースコルトンは相変わらず濃い色調でタンニンも豊富。

ヴォーヌロマネの各ワインは、村名ワインとオルヴォーは、スケールの
差はありますが、丸みのあるバランスの良いタイプ。
ブリュレは、まさに強力でガッチリした果実感。エシェゾーは、ベリーの
香りが非常に強く、しかしブリュレよりもボディーはしなやかなので、
ブリュレよりも早い段階でまとまるだろうなあ~という感想です。

Domaine Guyon

Guyonを離れ、ジュブレイ・シャンベルタンのPierre Boureeに
もどり、今度はちょっと古いヴィンテージのワインを試飲。

Pierre Boureeのカーヴの道路向かいに、同社が経営する、
『Table De Pierre Bourée』という、ティスティングバー
(のような物)があり、そのお店にワインが準備されていました。

Pierre Bouree

2000年~2008年までで10種類のワインを試飲。
いわゆる即戦力になりそうなワインをピックアップです。
何を選んだかは、もちろんまだ内緒です。
これらの試飲が終わる頃、そのままランチに突入です。

『Table De Pierre Bourée』

今回はこれ。

シンプルですが、実に美味しいお料理でした。


Comments are currently closed.