Archive for the '試飲コメント' CategoryPage 2 of 4

生産者レポート Rene Mure(前編)


生産者レポートRene Mure・Thomas Mure氏となります。
Thomas氏からはかなり多くの話が伺えたので2回に分けてご案内させていただきます。

Rene Mure
12代目 Thomas Mure氏(栽培・醸造担当)

アルザスの最南端、ローファ地区に居を構えるルネ・ミューレは12代続く
生産者です。彼のワインの特徴のひとつとして集中力を感じさせる果実味が
挙げられるでしょう。

この理由として、アルザスとして異例な密植度の高さと冷涼なアルザスにお
いて類まれな日照に恵まれたクロ・サン・ランドランの優位性が考えられる
と思い、彼に尋ねてみた。

『私たちは1ヘクタールあたり約10,000本という植密度で葡萄を植え
ています。確かに、現在のアルザスでは1ヘクタールあたり4,000本程
度の植密度が一般的です。しかし、150年前のアルザスではどの畑も私たち
のような植密度の高さだったのです。
植密度が下がった一番の大きな理由は大戦後のことだと思います。株を均等に
植えてコントロールするキャノピーマネージメントの浸透、それによりトラク
ターでの土壌の耕作が主流となりました。トラクターを畑に入れるには植密度
を下げなくてはなりません。』

『現在、私たちのクロ・サン・ランドランの畑は畝と畝の幅が約1.3メートル。
そして80センチ間隔で葡萄樹が植えられています。植密度があがれば表土で
は葡萄樹同士の生存競争が起こり、葡萄は深く深く根を下ろします。
クロ・サン・ランドランの畑は日照が強く、非常に石灰質が強い土壌です。
葡萄が根を深く張ることによって、地上での日照が強くても水分不足になること
はなく、葡萄が健全に成熟してくれるのです。真の意味でのテロワールを表現す
ることが出来るのです。』

彼の言葉には繰り返し繰り返し『Maturite(果実の成熟)』と『Racine(樹の根)』
が登場します。多産型のアルザス品種において、クロ・サン・ランドランの個性を
表すための手段なのでしょう。
特級畑ですら1ヘクタールあたり最大70ヘクトリットルまで収穫が認められてい
るこの地で、彼らは収穫量を平均25~45ヘクトリットルと極端に低く抑えてい
ます。

『私たちはこの10年間、ビオディナミ栽培を選択しています。
これも健全な土壌を造り、葡萄樹の根を地中深く下ろすためです。
そして収穫量を低く抑えることで葡萄は健全に成熟し、テロワールの個性を
反映してくれるのです。』

幕張でのフーデックス期間、そして生産者主催合同試飲会で
彼らのワインを試飲しながら各々のワインについて説明してもらいました。

NV Cremant d’Alsace Cuvee Prestige
2007 Cremant d’Alsace Millesimes
彼らのクレマン・ダルザスはシャンパーニュとも異なる個性があり、果実味とミネラル
のバランスをアルザスらしい酸味が支えています。
単独年で仕込むミレジメは、2006年まではクロ・サン・ランドランに植えられた
シャルドネ種100%で造られていました。

しかし2007年からはシャルドネとリースリングを50%ずつのブレンドに変更
したとのことです。

『なぜリースリングを混ぜたのかについては理由があります。
まず、クロ・サン・ランドランの個性をよりはっきりと表現するためにはシャルドネ100%では
少し重たすぎると考えたからです。
2007年は私たちが知っている限りで本当に最良の年となりました。十分な日照に
恵まれたおかげで、この年のシャルドネの潜在アルコール度数は13.5度にまで達
しました。
しかしその背景には地球温暖化の影響があると私たちは考えているので手放しで喜ぶ
わけにはいかないかもしれません。
30年前と比較して、葡萄の開花、収穫は約2週間ほど早くなっています。』

彼の言うとおり、クレマン・ダルザス ミレジメ2007は従来の体躯のしっかり
としたシャルドネの重厚さに、冷涼さを感じさせるリースリングのアロマとミネラル
感が加わっており、クレマン・プレステージの延長線上に位置する味わいに感じられ
ました。

2007 Riesling Cote de Rouffach
2007 Gewurztraminer Cote de Rouffach
2008 Riesling Cote de Rouffach
2008 Pinot Gris Cote de Rouffach
2008 Gewurztraminer Signature

彼らのワインは、これまではいわゆるネゴシアン物となるコート・ド・ローファと
ドメーヌ物となるクロ・サン・ランドランを中心としたワインのふたつに大別出来
ました。しかし、2008年、INAOのアペラシオン制度の強化を受けて、彼らのピノ
・ノワール コート・ド・ローファの区画の一部が“コート・ド・ローファ”を名乗
れなくなってしまいました。そこで彼らは、従来のネゴシアン物であるコート・ド・
ローファを“Signature(シニャチュール)”という新たなラインとしてリリースする
ことになりました。

ネゴシアン物?と侮るなかれ。
近年、目覚ましく向上を続けたコート・ド・ローファのワインは
“Signature(署名)”の名前の通り、ルネ・ミューレのお墨付きワインとして旨
を張ってご案内できます。

つづく・・・

試飲コメント・NZワイン


ニュージーランドワインの社内試飲コメントがまとまったので、
お知らせいたします。
 

私たちは、NZワインの経験値はまだ足りません。
なので、やや邪道だとは思いつつ、ブルゴーニュとの比較なども付け加えました。

しかし、弊社のスタンスとしては、産国・産地へのこだわりは無し!
目の前の液体の美しさと、造り手の真面目さがにじみ出ている事が重要なので、
そんなスタンスで選んだワインだと思ってください。

 

 

 

 

 

 

2009 Marlborough Sauvignon Blanc / Clos Marguerite
エッジに緑がかったペールイエロー。
スウィーティー、熟したグレープフルーツやパッションフルーツを思わせる
甘い果実の香りが中心。石、ミネラルの硬質のニュアンス。
奥にマールボロらしいハーブ類、菩提樹。

口に含むと石を舐めたような硬質なミネラルを、熟した柑橘類の果実味
が覆う。ヴェジーな香りではなく緑のハーブ類の香りがアクセント。
フレッシュな酸味が引き締める。
余韻まで果実味とフレッシュな酸味が残り心地よいバランス。
くしっかりと完熟させた葡萄に由来する果実味が感じられる。

2008 Marlborough Pinot Noir / Clos Marguerite
全体の赤みがかったルビー。
抜栓直後はドライなスパイス。
木の根や八角のような中華系のスパイスを中心に熟したレッドチェリーの
香り。口に含むとミネラルやフレッシュな酸味が感じられる。柔らかい酸味
があり余韻に続くタンニンが全体を引き締める。バランスの取れた味わい。
白ワイン同様、葡萄の完熟感がしっかりと感じられる点は、生産者のこだ
わりを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2008 Ma Maison Martinborough Chardonnay / Leung Estate
全体的に緑がかった明るいゴールド。
麦わら、オートミールの香りに続き、奥からジンジャー、パンデピスといった
スパイスの香りが追いかけてくる。口に含むと、透明感のある果実味。

ハチミツのような甘い要素も感じられ、粘性が低く軽やかな口当たり。
樽の要素はスパイス感として感じられ、パッションフルーツや熟した果実、
ヴァニラ。完熟した酸味が全体のバランスを引き締めています。
ブルゴーニュで例えるのならChassagne Montrachet。
抜栓直後から驚くほど開放的で享楽的。

2007 Ma Maison Martinborough Pinot Noir / Leung Estate
エッジ赤紫、深みのあるガーネット。
ベーコンやレザー、アニマル香を中心にヨード、チョコレート、ミネラル様々
な香りの要素が飛び出してきます。
キメが非常に細かいタンニン。驚くほど凝縮した黒系果実、ベリー系。
フレッシュな生のハーブを思わせる要素がアクセントのように感じられます。

冷涼な産地でありながら土っぽさを含む非常複雑な構造です。
余韻は長く続きます。
ブルゴーニュで例えるならNuits St Georgesの1級レベル。
二日目にはアニマル系の香りが下がり、ベリー系の果実のシロップ漬け
のような果実の香りが前面に出てきました。
よりキメが細かくなり、凝縮感がありながらケレン味がなく透明感の感じら
れる果実味。
90年代前半のブルゴーニュ生産者を思い起こさせてくれます。

採算が取れていないのではないか?と思うほど、非常に丁寧に造られた
ワイン。流行を追った売れるワイン、ではなく真に美味しい、自分たちが
飲みたいワインを造った結果がこのワインではないでしょうか。

試飲コメント・Lamarche


Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge

Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge

新入荷ワインより、フランソワ・ラマルシュ
2007 オート・コート・ド・ニュイの社内試飲レポートです。

2007 Hautes Cotes de Nuits Rouge / Francois Lamarche
エッジが赤みがかった明るいルビー。
乾燥したハーブ類を思わせるスパイス香、レザー少しして
赤いサクランボ、赤系果実の香りがしっかりと上る。
口に含むと活き活きとした酸味を軸に赤系果実味が広がる。
スケールは大きくはなく構造もシンプルではありますが香りの
要素が多く感じられ、余韻にまでしっかりと果実味が残ります。
派手さがあるワインというよりは重心を感じられる王道スタイ
ルに思いました。

代替わりしてスタイルがどのように変わっていくのか楽しみな
試飲でしたがクラシックと呼ばれるワインの長所が磨き抜かれ
たような印象を受けました。

試飲コメントGuyon 2007


4月に入港してきました、ドメーヌ・ギヨン2007年。
2007年からラベルデザインがマイナーチェンジです。
3アイテムのみとなりますが、社内試飲いたしました。
コメントを掲載しますので、ご参考にしていただければ幸いです。

また、Le Guide Hachette des Vins 2010に掲載された2007年の情報
もあわせてお知らせします。

2007 Bourgogne Pinot Noir
紫がかった澄んだルビー色。
赤系果実を中心とした香り、奥にコショウのようなスパイス。
酸を伴うニュアンスの香りが複雑さを与えている。
時間と共に熟した赤いサクランボや桑の実といった果実の香りが上昇。
心地よい酸味とサクランボの赤系果実が軸となった味わい。
厚みのある構造ではないものの重層的な果実味がある。
余韻にかけて軽やかで細かいタンニンがしっかりと感じられる。
この価格帯のブルゴーニュとしてはバランスに優れており、
ヴォーヌ・ロマネ村の個性が感じられるワイン。

 

2007 Chorey les Beaune Les Bons Ores
紫がかった澄んだルビー色。
抜栓直後はやや香りが閉じ気味。
白コショウなどのスパイス香、数種類の赤系果実、樽の風味があり
非常に複雑な香り。
口に含むとミックススパイスのような香りが熟した果実に乗っかり
複雑さを与えています。
スケールは中程度ですが、構成要素が非常に多く感じられ
熟したタンニンがはっきりと現れます。
軸のしっかりとした構造で、余韻に熟したタンニンがあります。
例年と比べて、スパイスやタンニンの要素が前に感じられます。
Chorey les Beauneとしては骨格のはっきりとした男性的なワインです。

 

2007 Vosne Romanee
紫がかった澄んだルビー。
抜栓直後はやや香りが閉じ気味。
時間の経過と共に熟したベリーなど赤、黒系果実、樽に由来するチョコ
レートの風味。非常に香りが集中して感じられる。
口に含むと、みずみずしく口蓋にハッキリと感じられる果実味。
透明感のあるダークチェリーやブルーベリーがあります。
奥からスターアニスなどのオリエンタルスパイスの風味も感じられます。
果実味、タンニンが軽やかでキメが柔らかくエレガントな構造。
余韻もしっかりと果実味が残り心地よく感じます。
現時点でも飲めてしまう心地よいバランスのワインです。

 

【メディア情報 Le Guide Hachette des Vins 2010】

 

2007 Chorey les Beaune Les Bons Ores

2007 Chorey les Beaune Les Bons Ores

 

2007 Savigny les Beaune Les Planchots

2007 Savigny les Beaune Les Planchots

2007 Vosne Romanee 1er Cru En Orveaux

2007 Vosne Romanee 1er Cru En Orveaux

2007 Echezeaux Grand Cru

2007 Echezeaux Grand Cru

試飲コメント、つづき・・・


Thiery Richoux
2006 Irancy

≪社内試飲コメント 2010年4月≫
エッジに赤みがかった淡い明るいルビーレッド。スパイス香。
コショウなどのスパイスというよりドライハーブのニュアンス。
アセロラ、ザクロ、サクランボといった赤系果実を中心とした
控え目なアロマ。
奥に少し金属的な硬質な要素も感じます。口に含むと軽やかで
優しい酸味を基調としてサクランボや野イチゴの赤系果実味が
広がります。全体的に果実味、タンニンが軽やかで、抵抗感なく
口に入ります。余韻にかけて重量感を感じる果実味が舌の上で塊
のように感じられしっかりと残ります。

イランシーといえばシャブリ近郊のキンメリッジ土壌のピノ・
ノワールです。酸味やミネラルを基調としたサンセールのような
味わいをイメージしていましたが良い意味で期待を裏切ってくれ
ました。抜栓して二日目になると、中間で控え目に感じた赤系果
実の要素が向上しトップのハーブ香と溶け込んで、非常に魅力的
なバランスとなりました。
軽やかで優しい上質なブルゴーニュとしてお薦めです。

 

2006 Irancy Thierry Richoux

2006 Irancy Thierry Richoux

 

 

PARENT
1999 Ladoix Cotes de Beaune

≪社内試飲コメント 2010年4月≫
エッジにややオレンジが入りはじめたルビー色。
抜栓直後からアロマが非常に開放的。イチゴ、ブラックベリー、
チェリーなどのコンフィコショウなどのスパイス、ヨード、
ドライフラワーの要素も少し感じられます。
口に含むと、熟成感のある果実の甘味が現れて広がります。
全体的に複雑さ、構造の緻密さはあまり感じられませんが、熟成
を経て、初期的な飲み頃に入った開放的な果実味と緩やかさがあ
りタンニンも綺麗に溶け込んで、余韻へと続きます。
今飲んで美味しいワインです。

PARENT
1999 Pommard 1er Cru Chaponieres

≪社内試飲コメント 2010年4月≫
エッジに赤紫、深みのあるルビー色。
想像以上に若々しい香り。スパイス、ミネラル、熟したブルーベリー、
ダークチェリー、プラム奥に動物的なニュアンスも感じられます。
果実味、酸、タンニンが非常に緻密でしっかりとした構造。
時間が経つと共に奥から紫、黒系果実の存在感が際立ってくる。
中間から余韻にかけての砂糖漬けの黒系果実や金属的なニュアンス
がしっかりと残ります。
ヴィンテージから考えても若々しさがあり、緻密で冷涼感があり改
めてシャポニエールがヴォルネイ側のポマールということを思い出
させてくれます。今飲んでも良いですが、これからの熟成もまだ楽
しめるワインです。

 

 

2007 Clos Leo Cuvee Caroline
≪社内試飲コメント 2010年4月≫
エッジに濃い紫がかった深みのあるガーネット。
プラム、ダークチェリー、カシス。口に含むと予想以上に果実味に
緩みがない。綺麗に完熟したフレッシュな
プラム、ダークチェリーの瑞々しい果実味。
余韻にかけてチョコレートの風味も口に広がります。若いタンニン
がありますが、柔らかいためあまり気にはなりません。偉大なワイ
ンではないかもしれませんが、コストパフォーマンスは高い。

2007 Clos Leo Cotes de Castillon
≪社内試飲コメント 2010年4月≫
ヴァニラ、スモークといった品のいい樽の香り。
プラム、ダークチェリー、イチジク、カシス、フレッシュなハーブ。
トップの樽の香りが偉大なワインを連想させます。
口に含むと熟したタンニンがしっかりと前に出て感じられ、奥に集
中した赤、黒系果実が集中しています。まだまだ粒子が硬く集中し
ており、今後の熟成のポテンシャルの高さを感じます。
二日目には奥に隠れていたピュアな果実味が出てきてタンニンとバ
ランスのとれた味わいに向上しました。
抜栓直後はややタンニンが強く濃厚なワインと捉えてしまいますが
奥に集中している果実味がとてもピュアで瑞々しさを感じさせます。
造り手が日本人であるという贔屓目を抜きにしても素晴らしいワイン。
2007年はまたひとつ上の段階に登ったことを感じさせてくれました。