ArchivePage 2 of 47

新規取り扱い生産者【Les Champs de Themis】


Les Champs de Themis / Xavier MOISSENET

ブーズロン村の中心に位置するレ・シャン・ド・テミは、2014年にグザヴィエ・モワスネ氏によって設立されました。モワスネ家のドメーヌとしての歴史は、実にフィロキセラ以前にさかのぼります。かつてはニュイ・サン・ジョルジュに広大な畑を所有していましたが、既にその歴史は終わり、長い間ドメーヌ経営からは遠ざかっていました。
約12年間、司法官として勤務していたグザヴィエ氏は、モワスネ家の原点であるドメーヌを再建する道を選びました。

大学で法律を学んだグザヴィエは卒業後、司法官になりましたが、2007年彼に転機が訪れます。異動によりシャロン=シュル=ソーヌに移り住んだことをきっかけに、以前手伝いをしていたポマールで親戚が経営するドメーヌで再び収穫作業を行うようになったのです。このとき、グザヴィエのなかにワイン造りに対する熱い思いが生まれました。

長い間勤めた司法官としての仕事を辞め、ボーヌにあるCFPPA校(1977年に創設された農業省管轄のワイン生産関連のすべての教育・訓練を行う国立の機関)において醸造の基礎を学びました。
2011年に同校を卒業したグザヴィエはすべてを「自分の手」で構築できる畑探しをはじめました。コート・シャロネーズもしくはコート・ドールからアクセスの良い場所を探していたグザヴィエに朗報が入ります。ブーズロンのドメーヌ フランス・レシュノーが、土地、建物、カーヴと醸造所のすべてが売りに出されたのです。グザヴィエはこの権利を取得し、メルキュレーの畑も買い足し、ブーズロンの生産者の一人となったのでした。現在、グザヴィエはブースロンでドメーヌを経営する傍ら、自信が卒業したCFPPA校にて法律を専門とした教師も担っています。

ドメーヌ名の「レ・シャン・ド・テミ」は、ギリシアの女神「テミ(Thémis)」が由来となっています。正義の女神とも言われるテミは「ガイア(大地の子供)」「ウラノス(天の神)」とも言われており畑にとって重要な2つの要素を象徴しています。

栽培:所有する5,80ヘクタールの畑すべては、2014年にビオ認証を取得しています。収穫は手作業のみで行っています。
醸造: 白ワインは全房発酵です。優しくデブルバージュしたのち、自然酵母によって発酵させます。キュヴェによって全体的に、または部分的にエグラッパージュを行います。数日間マセラシヨンをし甘味を引き出すためにピジャージュとルモンタージュによって自然な発酵を促します。2~3週間の発酵期間を経、プレッシュアージュをしたのち、赤ワインは樽発酵をさせます。すべてのキュヴェは次の年の収穫前、または約1年間の熟成の末、瓶詰めされます。

【Domaine Les Champs de Themis】
2016 Bourgogne Cotes Chalonnaise Blanc
2016 Bouzeron Les Clous
2015 Bouzeron Les Corcelles Vieilles Vignes
2016 Bourgogne Cotes Chalonnaise Rouge
2016 Mercurey Les Bosebuts

Bouzeron(ブーズロン)は言うまでもなくアリゴテ種から造られる白ワインです。
白色泥灰土(Les Corcelles)と褐色石灰岩(Les Clous)の斜面上部に植えられた果皮の薄いアリゴテ・ドレ品種は土地の個性も相まって自然と樹勢が抑えられます。コート・ドールの平地から造られるアリゴテとは異なり、果実のボリューム感と密度がありながらも、口中で粘らず綺麗に流れていく抜けの良い余韻があります。土壌の個性も味わいを特徴づけており石灰岩の(Les Clous)はステンレスタンク、泥灰土の(Corcelles)は樽熟成です。ブーズロンは土壌で語る時代が来るのかもしれません。
ブーズロンではコート・ドールと主従が逆転し、アリゴテ種のみが村名AOCブーズロンを名乗り、シャルドネ種をブーズロンの斜面に植えてもAOCブルゴーニュ・コート・シャロネーズでしかありません。Les Champs de Themis(シャン・ド・テミ)のブーズロンは酸味、果実味などの個々の要素が突出することなく円を描くようにバランスを取っています。シャルドネに対する卑下したような作為のない純粋な味わいは心に響きます。ヴィレーヌのピエール・ド・ブノワが復権したブーズロン、その未来を牽引する新人が誕生したのです。(村岡)

temi
temi2

『東海オーストリアワイン試飲会 2018』に出展します。


「東海オーストリアワイン試飲会 2018」

弊社出品予定生産者
ウィーン地区 Weinbau Jutta Ambrositsch
ヴァーグラム地区 Weingut Franz Anton Mayer

日時:平成30年4月24日(火)
14:00~17:00 酒販店、飲食店など業界関係者の方のみ
参加費:無料

18:00~20:00 一般ワイン愛好家(一部有料試飲有)
参加費:2,500円 ※リーデルグラスを1脚プレゼント。
ハムなどのおつまみセットもご用意しています。入退場自由。

会場:ドイツレストラン ツァ・ディーレ
名古屋市瑞穂区瑞穂通6-15
(当日レストランは定休日ですので、お電話は不通となります。ご了承下さい。)

定員:業界関係者、一般の方、先着各100名

申込方法
4月20日(金)までに申込フォームにてお申込下さい。
業界関係者:http://ur0.biz/Jm5F
一般ワイン愛好家:http://ur0.biz/Jm7A

東海オーストリアワイン試飲会2018

CPV試飲会「Recreation ルクレアシオン2018」大阪


久しぶりの大阪開催!
CPV自然派ワイン合同試飲会(有料)のお知らせです。
WEB申込みはこちら ⇒ https://goo.gl/forms/K8AR1psO56CtLf1Y2

■開催日:2018年3月14日(水)12:00 - 17:00(受付11:45〜)
■場所:ホテルモントレ 大阪 14F「浪鳴館」

大阪府大阪市北区梅田3丁目3番45号
JR大阪駅「桜橋出口」徒歩5分、地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
電話番号:06-6548-7111
http://www.hotelmonterey.co.jp

◇対象:酒販店・飲食店関係者の方のみ
◇費用:参加費1,000円(定員250名)

主催:CLUB PASSION DU VIN

弊社の出品予定生産者
Domaine de la Garreliere(フランス・ロワール地方)
Domaine la Roche Buissiere(フランス・ローヌ河流域地方)
Mickael Bourg(フランス・ローヌ河流域地方)
Domaine La Font de l’Olivier(フランス・ラングドック地方)
Domaine Coudoulet(フランス・ラングドック地方)
Domaine du Possible(フランス・ルーション地方)
Chateau Lassolle(フランス・南西地方)
Domaine Genoux Chateau de Merande(フランス・サヴォワ地方)

「出展予定インポーター」
BMO株式会社、片岡物産株式会社 、野村ユニソン株式会社、エスポア、有限会社クロスロード、
日仏商事株式会社、株式会社オルヴォー、株式会社ラヴニール、日本酒類株式会社、
株式会社イーストラインLa Vigne事業部、株式会社サンフォニ―、株式会社モトックス、
株式会社東和インターナショナル 合計13社(順不同)

CPV試飲会「Recreation ルクレアシオン2018」東京


恒例の合同試飲会(有料)のお知らせです。
WEB申込みはこちら ⇒ https://goo.gl/forms/Ncgk9I7Jafnkltjp1

■開催日:2018年2月21日(水)
場所: ホテルモントレ半蔵門  東京都千代田区一番町23番1号
TEL :03-3556-7111 地下鉄半蔵門線「半蔵門駅」5番出口から徒歩1分

●試飲会場:1F「瑠璃」 「青藤」: 12:00~17:00(受付11:45~)
フリーティスティング(有料) 参加料 1,000円 定員400名

主催:CLUB PASSION DU VIN

弊社の出品予定生産者
Domaine de la Garreliere(フランス・ロワール地方)
Domaine la Roche Buissiere(フランス・ローヌ河流域地方)
Mickael Bourg(フランス・ローヌ河流域地方)
Mas de L’Escarida(フランス・ローヌ河流域地方)
Domaine La Font de l’Olivier(フランス・ラングドック地方)
Domaine Coudoulet(フランス・ラングドック地方)
Domaine du Possible(フランス・ルーション地方)
Chateau Lassolle(フランス・南西地方)

出展インポーター
BMO株式会社、片岡物産株式会社 、野村ユニソン株式会社、エスポア、ディオニー株式会社
有限会社クロスロード、日仏商事株式会社、株式会社オルヴォー、株式会社ラヴニール、
株式会社イーストラインLa Vigne事業部、日本酒類販売株式会社、株式会社サンフォニ―、
株式会社モトックス、株式会社東和インターナショナル 合計14社(順不同)
CPV試飲会2018東京

新規取り扱いワイナリー3社


1月より、新規取り扱いワイナリー3社の販売を開始しました。

img_20180116_1410202

Jutta Ambrositsch

Jutta Ambrositsch(オーストリア・ウイーン)

2004年ユッタ・アンブロジッチは著名な広告代理店でのグラフィック・デザイナーの地位を放棄し、ブドウ畑にすべてを捧げる道を選びました。
Oberwart地区、Eisenbergにあるわずか127本のオーストリアでは決してメジャーではないリースリング種。ここから彼女のワイン造りはスタートしたのです。ユッタは故郷であるブルゲンランドのウヴェ・シーファーに導かれ、ハンス・ニットナウスの元で研鑽を積みました。古い老舗の造り手が集まるウィーンの地で醸造所を持たない後発のユッタは、すべてのワインの根源であるブドウに愛情を注ぎます。夫であるマルコと共にひたむきに、従順に、誰の目にも明らかなほど懸命に働くことでウィーンの生産者達の信頼を掴みとっていきました。今日では彼女は夫と共に、Sievering、Grinzing、Nussberg、Stammersdorfのドナウ川沿いの町に3ヘクタールの畑を所有しています。すべて有機栽培で畑の中で生まれたものを堆肥にする循環農法です。当然ながら収穫はすべて手作業、発酵に培養酵母は一切使いません。ワイン畑に加え、2008年からは400年前の建物で念願のブッシェンシャンク(併設型の居酒屋)も年に10~14度、週末に開いています。

Nando

Nando

Nando - Andrej Kristancic(スロヴェニア・プリモルスカ)

ヨーロッパの中央に位置し、イタリア、オーストリア、クロアチア、ハンガリーに囲まれたスロヴェニア共和国は、多様性に富んだ地形と複雑で長い歴史を持っています。スロベニア北西プリモルスカのゴリシュカ・ブルダ地区、クメティヤ・ナンドはイタリアのフリウリ、コッリオ地区との国境まで目と鼻の先となるPlesivo(プレシーヴォ)に居を構えています。所有する5.5ヘクタールの畑は戦後、国境が引かれたために、60%がイタリアのコッリオに、40%がスロベニアのブルダに位置しています。当主AndrejKristančič(アンドレイ・クリスタンチッチ)は家族の農場(クメティヤ)で25年間ワインを造っています。彼が農業高校でワイン造りを学んだことによって、祖父Nando(ナンド)が創立した家族の伝統を継承しつつもワイン造りというアプローチを始めることが出来たのです。アンドレイはブルダの土地への尊重とクメティヤの知識を生かし、自然に優しく出来るだけ介入しない方法を用いてワイン造りに反映させています。

Guapos Wine Project

Guapos Wine Project

Guapos Wine Project (ポルトガル・ヴィーニョ・ヴェルデ)

ワインメーカーのBruno Valente(ブルノ・ヴァレンテ)とDaniel Costa(ダニエル・コスタ)の二人が立ち上げたワインのブランドです。二人とも15年以上にわたりポルトガルでワイン造りに従事してきました。そんな二人が高品質でユニークなワインを造る為、2016年にこの新しいブランドを設立しました。ポルトガル北部のヴィーニョ・ヴェルデ地方に本拠地を構え、地域・気候・ブドウ品種の個性を尊重したワイン造りを進めていきます。自社で畑は所有していませんが、長年の経験と人脈により優良な畑の所有者と契約し、畑の管理、ブドウ栽培を一緒に行う事で良質なブドウを手に入れる事が出来るのです。
1986年のEC加盟をきっかけにワイン法が整備され、設備投資、新しい技術の導入も進みました。そして、2000年代になりそれまでとは異なるビジョンを持った若いワインメーカーが増えてきました。ポルトガル独自の多様性を維持しながらも、以前とは違う個性を持つポルトガルワインの生産が増えています。この「グアポス・ワイン・プロジェクト」のブルノとダニエルも新しい世代のワインメーカーになります。

弊社初のポルトガル産ワインがラインナップに加わりました。
紹介ページは現在作成中ですので、今しばらくお待ちください。