株式会社 オルヴォー
トップ | 会社概要・概要 | ワイン生産者 | スタッフブログ | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 求人情報
TOP > 生産者紹介 > ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ / ジェローム・アルヌー
セールスシート

La Cave de la Reine Jeanne/Jerome Arnoux /
ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ / ジェローム・アルヌー

ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌは、1997年に生産者からブドウを買い付けるスタイルのネゴシアンとして、ジュラのビオディナミ生産者として注目を浴びるステファン・ティソと妻のベネディクトにより設立されました。
その後2009年にブノワ・ミュランが共同経営者として加入。ステファン・ティソが醸造を担当、ブノワ・ミュランが営業を担当していました。
2012年からはカーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌの醸造についてはドメーヌ・ティソで彼の右腕として10年以上従事していたジェローム・アルヌー氏に任せています。
2019年、ラ・カーヴ・ド・レーヌ・ジャンヌは醸造責任者であるジェローム・アルヌー氏に売却し、ブノワ・ミュラン氏は念願の自社畑を持つドメーヌ ル・クロ・デ・グリーヴを購入し、責任者となりました。
ワイン(特にシャルドネ「グラン・ド・ピエール」およびピノ・ノワール「レ・リュサード」)はアルボワでも屈指の歴史あるカーヴにて樽熟成が行われます。カーヴ内は2列のオジーヴ穹窿(きゅうりゅう)を支えるアーチ型の支柱が奥まで突き抜けるように整然と並んでいます。

このゴシック様式の美しいカーヴを建築したのは誰なのでしょう。
それはブルゴーニュ伯オトン4世の娘で、1316年から1322年までフランス王となるフィリップ5世・長躯王(フィリップ4世・端麗王の息子)と結婚したジャンヌ。フランスの女王となったジャンヌは夫の死後、現在のアルボワ市ブルゴーニュ通り5番地にあたる場所に、自分の母であるアルトワ女伯マティルドと共に、屋敷の中にこの素晴らしいカーヴを建設しました。この歴史的建造物は当初、この地方の最高のワインを保存するために作られましたが、その後建設時のままの形で現在まで残されました。
メゾンでは御目に適ったブドウを買い付けることにより、伝統的な栽培方法のものと有機栽培のもの双方において提供できるアイテムが増え、また表現できるテロワールの幅を広げることが可能となっています。
常にコストパファーマンスの高いワインを提供し続けるカーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌは、設立して間もないうちから多くの愛好家に評価され続けています。


 
 
 


Cremant du Jura Zero Dosage Blanc de Blancs

ヴィンテージ:【2014】
ブドウ品種: シャルドネ100%

土壌:ジュラ紀前期リアス階の粘土質50%、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質50%
植密度:7,000本/ha 収穫:手摘みで収穫。 醸造、熟成:空圧式プヌマティックで圧搾(ブドウ150kgあたり最大100Lのジュースを得る)ステンレスタンクでアルコール発酵、マロラクティック発酵を行い、瓶詰め後、瓶内二次発酵。40か月、澱と共に熟成させた後、ドサージュは施さずにデゴルジュマン。
味わい:泡が細かく、果実の風味が豊かです。力強さとアルコール感のバランスが取れた味わいです。


Arbois Chardonnay ≪Quintessence≫

ヴィンテージ:【2015】
ブドウ品種: シャルドネ100% 
土壌:トリアス紀の粘土質土壌50% バジョシアン紀の石灰質土壌50%
醸造、熟成:除梗無し、全房のまま空圧式で圧搾。野性酵母を使用して発酵。
樽熟成(新樽率25%)12か月。熟成中のバトナージュを月に2回行う。清澄は行わない。軽くフィルターして瓶詰。
味わい:ミネラルに加え、ローストやトーストのニュアンスを感じる、余韻の長い味わい。


Arbois Chardonnay-Savagnin≪Nuance≫

ヴィンテージ:【2018】
ブドウ品種:シャルドネ75%、サヴァニャン25%
土壌:東向き。トリアス紀の粘土質土壌50% 南西向き。バジョシアン紀の石灰質土壌50% 
醸造、熟成:除梗して12時間デブルバージュ。空圧式で圧搾。野性酵母を使用して発酵。
サヴァニャンは小樽、シャルドネはフードルと呼ばれる大樽で2年半熟成。サヴァニャンは補酒せず。
瓶詰め前にアッサンブラージュ。清澄は行わない。軽くフィルターして瓶詰。
味わい:非常に複雑な味わいのワインです。クルミやセロリと同様にヴァニラの香り。余韻までスムーズに広がります。
キノコ、特にモリーユ茸のクリーム煮やカレースパイスを用いた料理、チーズなどと相性が良いです。


Arbois Savagnin ≪Authentique≫

ヴィンテージ:【2016】
ブドウ品種:サヴァニャン100%
土壌:東向き。北西向き。トリアス紀の粘土質土壌
醸造、熟成:除梗して軽くデブルバージュ。空圧式で圧搾。野性酵母を使用して発酵。
補酒せず産膜酵母を張った状態で30か月樽熟成。清澄は行わない。軽くフィルターして瓶詰。
味わい:ジュラの伝統的な酸化熟成させたワインです。クルミやスパイス、セロリの力強い香り、長く集中した余韻があります。
クルミを使った前菜、クリームソース、カレースパイス、キノコ、チーズなどと相性が良いです。


Arbois Chardonnay ≪Paradoxe≫

ヴィンテージ:【2019】
ブドウ品種:樹齢の高いシャルドネ100%
土壌:南東向き。粘土質土壌
醸造、熟成:除梗して軽くデブルバージュ。空圧式で圧搾。野性酵母を使用して発酵。
補酒しながら12か月樽熟成。バトナージュ2回/月。濾過・清澄・SO2添加せず。
味わい:菩提樹の香り、生き生きとした綺麗な香りにわずかな苦みが余韻に加わる。味蕾のすべてを呼び覚ますような味わい。
前菜、貝類、白身の肉、魚の料理と相性が良いです。


Arbois Poulsard ≪Subti≫

ヴィンテージ:【2018】
ブドウ品種: プールサール100%
土壌:トリアス紀の粘土質土壌。南向き。
醸造、熟成:除梗して、ピジャージュしながら20日間のキュヴェゾン。野性酵母で発酵。
熟成はタンクで8か月。少量のSo2を添加して、清澄は行わない。軽くフィルターして瓶詰。
味わい:豊かで滑らかな味わい。熟した果実の香り。


Arbois Pinot-Poulsard-Trousseau ≪Friandise≫

ヴィンテージ:【2018】
ブドウ品種: ピノ・ノワール、プールサール、トゥルソー各1/3
土壌:粘土石灰質、南東向き
醸造、熟成:50%は除梗、50%は除梗しないでマセラシオンカルボニック。
軽くピジャージュしながら20日間のキュヴェゾン。野性酵母にて発酵。熟成はタンクで3か月。少量のSo2を添加して瓶詰。
味わい:赤い果実や燻した香り。タンニンは控えめで飲みやすい。


Arbois Trousseau ≪Excepton≫

ヴィンテージ:【2018】
ブドウ品種: トゥルソー
土壌:石灰質 “ Les Corvees”と呼ばれる区画。西向き。
醸造、熟成:除梗して、ピジャージュしながら30日間のキュヴェゾン。
野性酵母にて発酵。熟成はオーク樽で12か月。清澄なし、軽くフィルターして瓶詰。
味わい:濃い紫の色調で凝縮した味わい。芳醇な果実の香りと滑らかなタンニン。


Arbois Pinot Noir ≪Revelation≫

ヴィンテージ:【2015】
ブドウ品種: ピノ・ノワール
土壌:粘土石灰質、南東向き。
醸造、熟成:除梗して、ピジャージュしながら30日間のキュヴェゾン。
野性酵母にて発酵。熟成はオーク樽で12か月。清澄とフィルターは行わないで瓶詰。
味わい:濃い紫の色調で凝縮した味わい。


Arbois Chardonnay BIO

ヴィンテージ:【2015】
ブドウ品種:シャルドネ100%(エコセール認証)

土壌:トリアス紀の石灰質50%、ジュラ紀中期バジョシアン階の粘土質50%
醸造、熟成:全房のまま圧搾。果汁は少量の亜硫酸を添加し、清澄は行わない。
樽に詰め(新樽率25%)、アルボワでも指折りの古いカーヴにてゆっくりと発酵を行う。
1年間の熟成の後にブレンドし、更に6ヶ月タンクで熟成させた後に瓶詰め。
味わい:複雑味のある果実とスパイスの香りが特徴のワイン。粘土質土壌由来のスパイスやスモークのニュアンスを感じる。
ミネラル感のある味わい。余韻も長い。
アペリティフ、前菜、クリームを使った料理、魚料理や白身肉のグリルなどと合います。
今から十分に楽しめますが、15年ほど熟成させた後にはトーストしたパンやブリオッシュといった香りを堪能することができます。


Arbois Savagnin BIO

ヴィンテージ:【2011】
ブドウ品種:サヴァニャン100%(エコセール認証)

土壌:トリアス紀の粘土質土壌  向き:東向き及び北西
醸造、熟成:除梗を行い、空圧式プヌマティックで圧搾。軽く澱引きした後タンクに入れ、自然に任せて発酵を行う。228L樽に詰め、補酒をせずに、酵母の膜で覆われた状態で澱とともに30ヶ月間熟成。軽くフィルターに通したあとに瓶詰め。
当蔵の酸化ワインについては発酵の前に少量の亜硫酸(1〜3g/hl)を添加します、酸化熟成後の亜硫酸添加は不要のため行いません(亜硫酸とアルデヒドが結合するため)。
味わい:くるみやスパイス、セロリなどを思わせる力強い香りのワイン。
凝縮した味わいで、余韻にもくるみの風味が感じられ、長く続きます。
アペリティフ、軽く胡椒をふった牡蠣、カレー風味やサフラン風味の料理、マッシュルームや白身肉を使った料理、またコンテなどとよく合います。今から既に楽しめるワインですが、30年ほど熟成できるポテンシャルをもっています。




Arbois Vin Jaune

ヴィンテージ:【2013】
ブドウ品種:サヴァニャン100%(クラヴランと呼ばれる620mlボトル)

土壌:トリアス紀の粘土質土壌  密植度:7,000本/ha  収穫:手摘み
醸造、熟成:除梗後に空圧式プヌマティックで圧搾。
タンクにて自然に任せて発酵を行い、228L樽にてウイヤージュ(ワインを継ぎ足すこと)せずに6年間熟成。この間にワインは1/3が蒸発し、ワインを守る酵母の膜が表面に発生します。
軽くフィルターに通したあとに瓶詰め。当蔵の酸化ワインについては、発酵前に少量の亜硫酸(1〜3g/hl)を添加するが、酸化熟成後の亜硫酸添加は不要のため行わない。(亜硫酸とアルデヒドが結合するため)
味わい:力強く、複雑味のあるワイン。くるみやスパイス、セロリ、カレーの香り。
味わいは、驚くほどにまろやかで、印象的な余韻の長さを持つ。モリーユやトリュフ、キノコを使った料理やカレー風味の料理、熟成したコンテとよく合います。
飲み頃:このワインは若いうちから楽しめますが、50年以上の熟成も可能です。


Arbois Vin de Paille

ヴィンテージ:【2012】
ブドウ品種:プールサール70%、サヴァニャン30%
土壌:南、南西向き トリアス紀の粘土質土壌2/3、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質土壌1/3
植密度:7,000本/ha
醸造、熟成:ブドウは収穫開始直後に摘み取り、「藁のベッド」で覆われたスノコに並べます。
4ヵ月半に渡り屋根裏で乾燥させている間、ブドウのもつ糖分、酸、そして香りが凝縮していきます。
圧搾は翌年2月に行われます。収量は非常に低く、当初100kgあったブドウから得られる果汁の量は18〜20リットルとなります。 この非常に甘みのある果汁は、自然に任せてゆっくりと発酵が行われます。
(酵母は足さず、発酵具合の調整も行わない。) 一年に渡る発酵を経て、14.5度のアルコール分と130gの残糖分のバランスが取れたワインになります。
その後、2年間樽にて熟成を行い、2012年初頭に瓶詰め。
味わい:濃い琥珀色をしており、香りは力強く、ドライレーズンやアプリコットといった果実のアロマに、花梨や蜂蜜のノート、 そしてスパイスのアクセントが感じられます。
口に含むと、凝縮感がありながらも爽やかさとバランスのよさを感じる果実味が広がります。
8〜10度、単独で、またはアペリティフや、酸味の効いたデザート(タルトタタンやアプリコットタルト)と共にお楽しみいただけます。
飲み頃:30年は熟成のポテンシャルがあります。


NV Macvin du Jura Rouge

ヴィンテージ:【NV】
ブドウ品種:トゥルソー100%
土壌:トリアス紀の粘土質土壌2/3、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質土壌1/2
植密度:7,000本/ha
醸造、熟成:全体の約1/3をマール・ド・フランシュ・コンテ、残り2/3を発酵前のシャルドネとサヴァニャンのジュースでブレンドしたリキュール。アルコール度数17度のこのリキュールは、2年間樽で熟成された後に瓶詰めされる。
食前酒やデザートワイン、食後酒として。またはアイスやメロンに加えても。