シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァン社で働いていた日本人、篠原麗雄(しのはら れお)氏が2002年、0.82ヘクタールの畑を購入して造り始めたガレージワインです。

【篠原麗雄氏のコメント】
全ての作業を完璧に行いたいので、普通の生産者に比べると数倍仕事をしています。
しかし、生産量は他のシャトーに比べると2,3割しかありませんが・・・・・
畑では、化学肥料を使わず、堆肥を使い、除草剤を使わず別の方法で除草を行います。ビオディナミではありませんが、畑が良いコンデションになるようにコントロールしています。
又、ヴァランドローのテュヌヴァンさんやオーゾンヌのヴォーチエさんもたまに畑に来てアドバイスをしてくれます。(ファーストヴィンテージ時にはテュヌヴァン氏は収穫前、毎週来て一緒に葡萄を食べ収穫時期を決めました。)醸造所はTCA等の汚染を防ぐ為に、問題物質のある材料は使わず、自然の素材を使っています。

面積:0,82ha 畑・土壌:AOCコート・ド・カスティヨン 粘土石灰質土壌
コート・ド・カスティヨンは、サンテミリオンから同じ土壌が続く、緩やかな丘陵地で森も多く、秋にはセップも採れる場所です。
ワインはボルドーの伝統的な造りをしている生産者が多くいますが、近年はサン=テミリオンのシャトーもカスティオンでワインを作り始めています。(ベコ・ネイペルグ・ドーノンクール・ヴェレット・プリセット等々)
粘土は全体の力強さを、石灰はフィニッシュに繊細な酸をワインに与えます。
特に粘土の多い場所にメルロー、石灰の多い場所にカベルネ フランが植えられています。
自動代替テキストはありません。北向き斜面の粘土石灰質土壌なので、甘いワインは作れませんが、力強く綺麗な酸味のワインを造れる土壌です。平均樹齢:40年。
栽培:ブドウ畑での仕事は除草剤や化学肥料は使わず、人間の手で行える仕事は手で行い、なるべく自然な状態で育てる環境を作っています。またブドウを完熟させる為にグリーンハーベストを行い1本の樹から取れる量を制限しています。収穫時期のボルドーは雨の日も多いのでブドウの周りの葉を手で摘み風通しを良くしカビが発生せずに収穫日を遅らせる作業も行っています。
収穫:手で収穫し。畑で良い房だけを選び、その房の問題のある粒を取除く作業を行っています。
醸造:新しい技術は使わず、土壌に合った醸造方法を毎年試行錯誤しながら作業しています。
醸造は古典的な方法を使い早飲みより熟成する事により、より深みのある味わいを出せれる醸造方法を行っています。
熟成:全てフランス製の樽で熟成。年によっても変わりますが16か月から19か月間。
2007年よりブルゴーニュ樽を使用。理想は力強く繊細なワインです。
樽熟成に関して:以前は新樽率60%以上でしたが2007年から30%程に落としました。
理由はこれ位の量が樽からのタンニンや香りが私のワインと合いもっと複雑な香りになっていると思います。

Clos Leo Castillon Cotes de Bordeaux

ヴィンテージ【2017】
品種:メルロー 100%
5月にマイナス4度の遅霜が降り、芽生えたばかりの新芽が寒さで焼けてしまいました。
カベルネ・フランが全滅し全体の7割程が被害に遭いこの年の生産は止めようかと思いましたが、
これもヴィンテージの特徴なので残った芽だけ育てました。
その後の天候は順調でドライで暑い夏のおかげでブドウは熟成し、収穫時にも雨が降らず10月5日に全てのブドウをタンクに入れる事が出来ました。
樽熟成期間はいつもより少し短い18ヶ月間行いボトリングを行いました。1年以上瓶熟成を行い販売致します。
生産量:800本、750ml瓶のみの生産
味わい:メルロー100%で造られたので甘みがあり生き生きとしたレッド ベリー系の香りと
ミディアムボディの骨格でスムーズな口当たりです。

ヴィンテージ【2014,2016】
ブドウ品種:メルロー 80% カベルネ フラン 20%
醸造:35hlのステンレスタンクに手積みで収穫し除梗したブドウ粒を入れ温度を上げて発酵を始めます。発酵中はルモンタージュとピジャージュを行いブドウの果実の抽出を行います。
発酵終了後にマセラションと言いブドウの皮や種をワインの中に沈めタンニンやストラクチャーの構成を行います。
タンクに入っている期間は約4週間その後樽に移し春のマロラクティック発酵を待つ。
マロラクティック発酵が終わるとボトリング迄に数回澱引きを行いワインに複雑味を与えます。
熟成:350Lと225Lの樽で30ヶ月間の熟成

2016年の春は雨が多く湿気た日が多かったが、夏から収穫日迄晴天が多く、日中は暖かく夜は涼しく熟し酸も乗ったブドウとなりました。第一印象はタンニンと果実と酸味が濃く、しっかりした味わいとなっています。Clos Leoは通常18ヶ月~20ヶ月間の樽熟成を行いますが、このヴィンテージは30ヶ月間寝かすことにより熟成感を出しました。2010年や2005に似た長期熟成に向いたワインとなりました。

Clos Leo Cuvee ≪ S ≫ Castillon Cotes de Bordeaux

ヴィンテージ【2015,2016】
ブドウ品種:メルロー 80% カベルネ フラン 20%
醸造:2012年に初リリースとなった最良の年のみ生産されるスペシャルキュヴェです。より大きな350リットルの樽を用いたところ、スケールが大きく生き生きとしたワインが生まれました。中汲みの果汁のみで仕込む贅沢なワインです。
8.5hlのステンレスタンクに手積みで収穫し除梗したブドウ粒を入れ温度を上げて発酵を初めます。
発酵中はルモンタージュとピジャージュを行いブドウの果実の抽出を行います。発酵終了後にマセラションと言いブドウの皮や種をワインの中に沈めタンニンやストラクチャーの構成を行います。
タンクに入っている期間は約4週間その後樽に移し春のマロラクティック発酵を待つ。マロラクティック発酵が終わるとボトリング迄に数回澱引きを行いワインに複雑味を与えます。
熟成:350Lの樽で30ヶ月間の熟成
斜面の上に植えられた樹齢50年のメルローをメインに、北向き斜面に植えられた樹齢40年のカベルネ・フランから出来ています。熟成し果実味たっぷりのメルローと、柔らかな酸が特徴のカベルネ・フランが合わさりしっかりエレガントな仕上がりとなります。

Le Petit Leo Castillon Cotes de Bordeaux

ヴィンテージ【2016】
ブドウ品種:メルロー 80% カベルネ フラン 20%  土壌:粘土石灰質
醸造:最新の機械で収穫を行い除梗しステンレスタンクで発酵、ミクロビラージュ。
ボトリングして直ぐに飲める様な醸造方法を使っています。
熟成:ステンレスタンクで20か月
味わい:フルーティーで程良いタンニンがあり、気軽に飲めるタイプです。
los Leoのすぐ隣に位置する醸造所 P.L バラードで造られるプティ・レオ。
オーナーのバラード氏はボルドー大学の醸造学科で学びエノログの国家資格を持っています。
P.Lバラードは、クロ・レオと同じテロワールと言える粘土石灰質土壌や砂利や砂質等の土壌のブドウ畑をカスティヨンに40 ヘクタール所有しています。平均樹齢は約30~35 年。
アルコール度数:14%

OWA Leo Imai 欧和ビール 今井礼欧

ベルギーに渡り、『和食に合うビール』をコンセプトに欧和ビールを手掛ける日本人、今井礼欧(いまい れお)氏がフランス、ボルドーの地でクロ・レオを造る篠原麗雄(しのはら れお)氏と出会いました。
同名の“れお”であり、お互い異国で酒造りを志す二人が意気投合し、生まれたのが、欧和ビールをクロ・レオの樽で熟成させた『黒欧和 グラン・クリュ』となります。
麗雄(れお)×礼欧(れお) 二人のコラボレーションから生まれた物語は、まだ始まったばかりです。

【欧和ビールについて】

欧和ビールは2006年5月に設立されました。ベルギーと日本の食文化を融合させた最高の形として造られたのです。
寿司、焼き鳥といった醤油を用いた料理と素晴らしい相性を見せます。

【今井 礼欧(いまい れお)氏について】

1996年キリンビール株式会社に勤務。
2001年にスコットランドに渡り、大学で醸造・蒸留学を学ぶ。
2002~2003年、ドイツ、バイエルン州のビール醸造所にて働く。

2016 Kuro OWA Grand Cru 黒欧和グラン・クリュ

タイプ:スタウト  アルコール度数:8%
サイズ:750ml  賞味期限:2022年4月
フランス、ボルドーで篠原麗雄氏の造るワイン、Clos Leoの樽で熟成させています。
二人のLEO(れお)のコンビネーションから生まれたビールです。
コメント:食後酒にも素晴らしいビールです。
*Clos Leoの獅子をあしらったラベルデザインとなります