●新世代 サベス&セヴェリン

自分の人生をどのように生きたいかと考ることはとても幸せなことです。そして同じ夢を共有するパートナーがいるということは更に幸せです。

私たちが共有する夢は、一言で言えば自然と共に働く喜び。偉大なワイン造りへの小さな一歩です。

私たちのヴァイングートは過渡期を迎えています。私たちを訪れてくれれば誰でも大きな仕事に対して情熱を持った若いチームに出会うことでしょう。

私たちはオープンな心で親しみを持ち、創造的で建設的な考え、好奇心旺盛です。

私たちのチームはこの近隣から遠方、若い人から年配者、新人からベテランまでいます。皆が混ざり合うことで私たちの作品は特別なものとなるのです。誰もが自身の才能、精神、能力を最大限に伸ばすことが出来るチームです。

私たちはトゥーニベルク(Tuniberg)で最上のブルグンダーを造っています。

●ヴァイングート ゲブリューダー・マティス

ドイツ南端バーデン、トゥーニベルク(Tuniberg)でのブドウ栽培の歴史は2世代前に遡ります。代々受け継がれた石灰岩採掘所の埋蔵地をブドウ畑に開墾するという決断から始まりました。

ベルンハルト、フランツ、ポールのマティス兄弟はフランス産のバリック樽でワインを熟成させることを始めました。彼らはこの地における木樽熟成のパイオニアでもあったのです。

こうして1970年代、ヴァイングート・カルクベーデレ(Kalkbödele)として設立されました。

2020年、母であるソニア・マティス・スティッヒから息子であるセヴェリン・スティッヒとパートナーであるサベス・セドラチェックがヴァイングートと一族の歴史を引き継ぎました。彼らは家名であるマティスの名を重視し、自然本来の栽培に回帰しています。

●栽培

トゥーニベルク全体がひとつのブドウ畑と言えます。しかし、ブドウが植樹されている全ての畑が自然環境に配慮しているわけではありません。モノカルチャーにはバランスが必要です。最良の畑、区画を選び戻る必要があります。それは必ずしも簡単なことではありません。しかし、私たちは楽なことをするためにワイン生産者になったわけではないのです……。

私たちが石ころだらけの道を選んだのは、それが偉大なワイン造りへとつながる唯一の道だからです。造り手として私たちは自然と故郷に対する責任を背負っています。そのため、私たちは文化的なこの景観を維持するのはもちろん、その先に進みたいと考えています。

現在、私たちがこれまで実践してきた自然な手法に明確な枠組みを加え、認証を持った畑へと転換しています。

私たちと一緒に進みましょう!

ナチュール ブラン
2022 Natur Blanc

セパージュ:ミュラー・トゥルガウ100%
畑・土壌:トゥーニベルグの石灰質
醸造・熟成:100%手摘み収穫 天然酵母による自発的な発酵。ステンレスタンク。
5か月間シュール・リー、5カ月間ステンレスタンク熟成。瓶詰め前にごく少量SO2添加。
アルコール度数:11% 残糖:2.6g/L 総酸度:5.9g/L

生産者より:柑橘系の爽やかな香り。ほのかな花の香り、繊細な酵母の香り、信じられないほど飲みやすい品質がこのワインの特徴です。11.0%の軽めのワインにもかかわらず、口の中にフルボディでジューシーな感覚が長く続きます。

ナチュール ロゼ
2022 Natur Rose

セパージュ:シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)100%
畑・土壌:トゥーニベルグの石灰質
醸造・熟成:100%手摘み収穫 天然酵母による自発的な発酵。ステンレスタンク。
5か月間シュール・リー、5カ月間ステンレスタンク熟成。瓶詰め前にごく少量SO2添加。
アルコール度数:11% 残糖:1.7g/L 総酸度:5.5g/L

生産者より:100%ピノ・ノワール。カシス、イチゴ、ラズベリーのクールなレッドベリーのフルーティーの香り。ミネラルのフレッシュさもあり、ワインに信じられないほどの飲みやすさをもたらします。ジューシーな果実と軽いハーブの香りが最後に口に残ります。

スーリ・グリーズ
2021 Souris Grise

セパージュ:グラウブルグンダー(ピノ・グリ)、リースリング  畑・土壌:トゥーニベルグの石灰質
醸造・熟成:100%手摘み収穫 天然酵母による自発的な発酵。1年間クヴェヴリで熟成。
瓶詰め前にごく少量SO2添加。 アルコール度数:12% 残糖:2.4g/L 総酸度:5.2g/L

生産者より:Souris Grise (灰色のネズミ) は、自然に濁った白ワインです。

開封前にまず振ってください。最初はわずかにスパイシーな香りがあり、次に白くてジューシーな核果果実が続き、木の香りが軽く強調されています。口に含むと素晴らしいミネラル感があり、非常にフレッシュです。フレッシュさが口全体に広がり、上質でジューシーな白い果実と程よい塩味が特徴です。驚くほど刺激され飲み進みます。

Souris Grise (グレー マウス) は、自然に濁った白ワインです。

シルク・デ・ルヴュール
2022 Cirque des Levures

セパージュ:混植畑のミュラー・トゥルガウ、ムスカテラー、ゲヴュルツトラミネール、ヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、グラウブルグンダー(ピノ・グリ)、グートエーデル(シャスラ)、リースリング  畑・土壌:トゥーニベルグの石灰質
醸造・熟成:100%手摘み収穫 14日間果皮浸漬、天然酵母による自発的な発酵。5か月間古樽で熟成。
瓶詰め前にごく少量SO2添加。 アルコール度数:11% 残糖:1.6g/L 総酸度:5.0g/L

生産者より:シルク・デ・ルヴュール(酵母のサーカス)は、果皮浸漬発酵させた白ワインのキュヴェです。

グラスの中でワインが淡いオレンジ色に反射して輝きます。グレープフルーツやトロピカルフルーツの香りがすぐに広がります。これらは上質な花柄のアクセントに囲まれています。口に含むと美しい構造と生き生きとした新鮮さが感じられます。タンニンのタッチがワインにある種の深刻さを与えます。おろしたてのオレンジピールの香りが続く長い余韻。